いざというときの名入れサービス、毛利達男の「名前の詩」

いざというときの名入れサービス、毛利達男の「名前の詩」

September 28, 2020 by Toku88

困ったときに、何かと役に立つ「名入れサービス」です。

要するに、贈り物をするときに、名入れギフトでやるってタイプのやつです。 いつも困るのが、名入れサーパスで使う書体やデザインがダサすぎて、名入れすると明らかに商品価値を下げてしまうことがあります。 特に、活字書体で入れるタイプは、あまり親しみを感じないのですぐに捨てられる傾向にあります。 かといって、下手くそすぎる手書きは迷惑以外の何物でもなく、上手すぎると逆に送り主のイメージに合わないなどと、微妙なものです。

そこで見つけたのが、毛利達男の「名前の詩」という名入れサービスです。 色紙に名前を詩に詠みこんでくれるというやつで、おそらく受け取った方は簡単には捨てないと思います。 絵と詩の趣味も悪くなく、手書きと手間、額にはめる値段を考えると割安感もありますね。

アイテムチェック

とくとくまる別館で詳細をチェック!

# その他